今日は結婚記念日です

Posted by ぼさ on 7月 2nd, 2016 — Posted in 未分類

今日は結婚15周年の記念の日です。

思えば娘も13歳ですから、それくらい月日は経っているのですよね。
何だか早いような遅いような。

娘の成長と比較すると早い気がするし、自分の気持ちや感覚的なものを言えば遅い気がします。
確実に時を重ねているんだなぁ〜って思いますね。

実は同居している私の実の両親も今日が結婚記念日なんです。偶然ですよ。私たちが結婚するとき、入籍した日も同じ日なのですが、自分たちのことしか考えていなかったんだなぁと思います。あのとき、ちょっと回りを見渡す余裕があれば気が付いたものを。一度今日と決まったら変更できませんし、意外にやっかいなのです。

以前、よく言われていたことなのですが、記念日が同じということで私たち夫婦は世代が若いのでいろいろ記念日もイベントとしてお祝したり、週末にかかれば小旅行したり、プレゼント買いに出掛けたりとか目立って普段とは違うことを当日にしていたんですよね。

でも、両親世帯は時代が古いもので、父などはっきり言って結婚記念日を忘れているし、知ったところで別に〜という感じだし、母の気持ちをそれとなく私が間に入りうまく伝えてやっとケーキを買うくらいのもの。
母は不満なのです。

私達夫婦の姿を見聞きしているため、記念日としてお祝したいようなのです。
私たちが両親の分までケーキを買ってきて(同居なのでこのへんは当然のこと。内緒で食べることなど到底無理!)お裾わけすれば、「私たちは年寄りだから洋菓子より和菓子の方がいいのよねぇ」とか、食後の感想として「なんだか変わってて、私たちにはどこが美味しいのかわからなかった」とか、挙句の果てには露骨にマズイとか言うし、それって結局は、私たちに対してひがんでいるんです。

私たちはイベントとして楽しく過ごしているのを横目に母は自分の身を寂しく思っているんですよね。
だったら企画して父と二人でお祝すればいいのに、それをしないで隣の芝生ばかり眺めて愚痴っているんです。
それでは何もかわらないよと常日頃母には進言していました。
が、最近はそんな会話さえ皆無です。言っても無駄だと私が諦めたからです。
どうせ言っても「お父さんがああいう人だから…」と何とも他力本願的な自主性のない返事で聞いていられないんです。

父は昭和ヒトケタの人なので分かりますけれどね。
毎年11月1日には母の愚痴を聞かされて朝から嫌な気分になっていたものでした。ここ最近は会話がめっきり減ったので、しかも、一度ケーキのことは話したので私が不快に思っていることを母が知ってからは記念日についてはあまり愚痴もひがみもなくなりました。
ケーキは目的が私たちの記念日をお祝するためで、両親に御馳走するために買ったわけではありませんから、私達が食べたいと思ったものを、美味しいと感じるものを買って文句を言われる筋合いはありませんよね。だったら大人な対応で、「次からはいいから」とさり気なく伝えてくれたら、次からは堂々と買ってきません。
同居で買って来ないわけにはいかないし、父が何も言わなかったらナシでその日過ごすのは可哀そうなのでお裾わけ的な意味もあり買ってきているわけです。

私も考えがあってのこと。
そのことを以前はっきりと伝えました。言わないとわからないのです。
いつまでも私の親で、私は子供なので、甘えている部分もあるのかもしれませんね。
親子でも言っていいことと悪いことは確実にあります。
それをわきまえてほしいだけなのですが、いつも言い訳から入り、自分が言うことは事情説明で、私が言うことは言い訳だと決めつけているところがあります。

年齢のことを考慮して優しくしようと心がけていますが、目に余ることははっきり伝えます。
そうしないと子供よりある意味扱いずらいのでこちらが大変。

今日一日平穏に過ごしたいものです。馬プラセンタのサプリについて

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URI

現在、コメントフォームは閉鎖中です。